プロから見てわかる従業員満足度をあげるための手

従業員満足度を上げるのが目標!そのためにはサポートが必要

プロから見てわかる従業員満足度をあげるための手

女性

離職率が高いと感じたら

離職率は従業員満足度によって大きく変わります。従業員の満足度が高い会社では他の会社に移ろうとする人は自然と少なくなります。離職率が高いと感じたら、従業員満足度を調査することから始めるといいです。満足度が低迷しているのであれば、満足度が高くなるように社内を変えることが大事になります。また、満足してない部分が洗い出されることも大事です。従業員がどの点に満足していないと分かれば、その点を改善するように努力することができます。環境、労働条件、給与などの項目別に満足度を測定することができれば、従業員がどこに満足しているかもわかります。満足している点を伸ばして、不満足な部分を改善することが出来るようになります。離職率が従業員満足度を調べるきっかけになるので、離職率が高いと感じたらすぐに調べてみるといいでしょう。

プロの目線で結果を分析

従業員満足度の解析はなかなか難しいものです。それは本人が正直に答えているつもりでも実際の気持ちと違こともあるからです。特に無記名アンケートでない限り、正直な気持ちというのはなかなか出て来ないことが多いです。その点を差し引いて分析できるプロの目線は大事です。結果は統計学に示し合わせて傾向が見つけられますが、そのためにもプロの目線が必要になります。素のデータでは見えてこなかった結果が分析にかけることで傾向が分かるデータに変わります。プロから見えれば満足度の伸びしろがある部分があったり、頭打ちの部分があったりします。データは常に変わるものですから、定期的な観測も大事です。前回との違いを考慮して、新しい傾向と対策が打てることもあるのです。分析がなければタダの数字になってしまうものが、分析をすることで対策を取れるデータに変わります。

分析後にサポートも受けられる

分析をして、データを提供するだけでは何も変わることがありません。その後にどのように動くかをサポートしてくれるのであれば、心強い味方になります。分析を実際にしてくれた会社が動いてくれるのであれば、実情がつかめている分サポート内容も内情に即してた内容になります。改善するべきことや試してみるべき方策などもサポートの中で試行することができます。改善点があるときにはどのように改善するということも大事です。改善の仕方によっては全く意味のないことになることもあるからです。経験があるサポートチームが入ることでより充実した改善策になる可能性が高いです。未経験の人たちが右往左往する時間があるのであれば、経験者を配置してすぐに解決する方が良いです。そのためのサポートなのですから、出来る限り支援をしてもらうといいでしょう。

広告募集中