従業員の不満ゼロに!働く環境を整えるきっかけになる従業員満足度

会社をより良くするための従業員満足度調査

ウーマン

従業員の不満をなくしていくためには

従業員が仕事をしたいと思えるような労働環境を作り出すには従業員満足度を高めることが必要です。従業員が既に不満を抱える状況になってしまっている場合には、その不満を払拭できるように経営者側が環境を整えなければなりません。そのために必須なのが従業員の本音の声に耳を傾けることです。通常、企業経営をしている立場では現場にいる従業員からの不満を直接耳にする機会がありません。話をする機会があったとしても不満点を直接告げられることはないのが実情であり、なかなか現場の本音が理解できない状況が生まれています。その状況を打開して従業員の不満を理解して適切な対策を講じていくことが従業員満足度を高める方法を見出す基本です。

可視化することで見えてくる問題

従業員満足度を知って対策を立てるために役立つのが従業員満足度調査の実施です。たとえ会話によって従業員から不満を聞き出したとしても、個々の従業員が持っている不満は異なります。それらを全て実現しようとしても不可能になりやすいですが、その根底に共通した問題が隠されていることも少なくありません。それに気づくために重要なのが従業員満足度調査によって全体としての不満の傾向をつかむことです。そして、その結果をグラフや表にして可視化すると不満の傾向が明確になります。労働時間の長さ、育児に関わる福利厚生、社員コミュニケーションの不足などの様々な項目に分けて可視化してみると対策を取るべき優先順位も明確にすることが可能です。

雰囲気のよい職場に変えていく

職場の雰囲気は従業員満足度を大きく左右する項目です。たとえ苦労の多い仕事をしなければならない現場で働いていたとしても、互いに支え合える同僚に囲まれて、活躍を高く評価してくれる上司に恵まれていることができれば満足度は高くなります。同僚や上司に対してどのような意識を持っているかを調査して現場の雰囲気を変えるようにテコ入れをしていくことは業務効率の向上にもつながる重要な対策です。そのための基礎情報を得られるのは従業員満足度調査を実施するメリットになります。

従業員満足度調査をしてみてよかったことTOP3

no.1

モチベーションが向上した

従業員満足度調査の実施により得られた結果として高い満足を得ているケースが多いのが、従業員のモチベーションが向上したというものです。ニーズを理解して適切な対策を行えるのは調査を行うメリットであり、従業員側も調査を受けたからにはその結果が反映されるという期待を持って仕事に取り組むことからモチベーションが上がりやすくなっています。

no.2

離職率の低下を阻止することができた

離職率が高くなっている問題を抱えている企業は多いものの、従業員満足度調査を経て離職する人が減ったということも珍しくありません。従業員満足度調査は経営者が対策を考える情報となるだけでなく、従業員に対して企業との関係を再考させる機会にもなります。それが結果として帰属意識を高めて離職率を下げる方向に働きかけたのです。

no.3

経営者と従業員の距離が近くなった

従業員満足度調査を行うと経営者が従業員の意思を尊重しようという意識を持っていることを示すことができます。そのため、従業員も率直に意見を上司や経営者に対して言いやすい環境が整い、距離感が近くなったという印象を受けることも少なくありません。それが労働環境の改善をしやすくすることにつながっていることもよくあります。

広告募集中